エレガンス 佐賀県唐津市 その2

405cそれは126号室。ここはメゾネットタイプの客室なのだが、その1階にあるベッドが回転しながら2階に上昇してしまうのだ!しかも天井と、筒状になった壁面には無数の鏡がはめこまれているので、目の眩むほどの曼荼羅ビジュアルが同時体感できる!(しかもそれを形成している素材の一部は自分の裸体!)当然、回転しながら下降も可能なので、何度も上下させて愉しむことができるのだ。

さてこの”上昇式回転ベッド”のある客室に宿泊すると、些細なことかもしれないが、ある問題にぶつかる。それは「下で寝るか、上でねるか」ということだ。ベッドを下にすると吹き抜け状態となり、開放感があるが天井が高くて落ち着かない。しかし、上にしたらベッドが機械によって上昇したままと思ってしまい、これはこれで落ち着かないかもしれない(実際には安全だが)。そんなお客側の気持ちを察しただろう、ハイ&ローどちらでも対応可能になっている。126号室には上下にそれぞれ1つずつトイレが用意されているのだ。どちらで寝るか、カップルで話し合うのも、きっと楽しい思い出になるだろう。

ベッドだけでなく、螺旋階段や2階の渡り廊下など、見所が多いこの客室を体験するために唐津を訪れてもいいと思う。時間が余れば観光すると良い。

 

▼その他ホテル

佐賀・福岡のデリヘルが呼べるホテルを探すならこちら

 

▼佐賀おすすめデリヘル

艶妻遊ばん?!

五十路マドンナ

六十路グランマ