バステル花 福島県鏡石町 その2

6a879aeac3ac6537daf7ba0sdfdsfsf8f82b2d1aed5003bさて、バステル花だが、森の中に10戸のガレージが付いた建物が点在していて、よく山間部にあるバンガロー村と同じような雰囲気だ。建物の外観には装飾的なものは皆無。唯一、部屋名と料金が表示された看板だけがここがラブホであることを教えてくれる。しかし中に入れば、原田さんによる魅惑的なインテリアが登場。そととのギャップの大きさにめまいをおぼえるだけだろう。

右図は天井にあるステンドグラス。素材から全て入手した原田さんの手作り。

亜想呼と同じ可動式の機関車型ベッドのある部屋には鏡張りの格納庫も完備。また、「タヒチ」という部屋にはスイッチをひねるだけで南国のビーチサイドに夜景が訪れる。鏡を利用したギミックを愉しむ部屋もあるが、「クリスタル」のようなシック打破あるがアート感覚に溢れた部屋もある。デザイナーとしての原田さんの十尾範囲の広さにはただただ敬服だ。バステルホテル花こそ本当の意味でのデザイナーズホテルといっても過言ではない!

ホームページは存在せず、ラブホ専用の情報サイトでもほとんど詳細されていない。バステル花を本当に知るためには唯一あなたが鏡石町に行くしかないのだ。